2010年01月31日

海自の商船護衛100回、防衛相が指揮官を激励(読売新聞)

 ソマリア沖・アデン湾の海賊対策で、海上自衛隊の護衛艦による商船の護衛回数が100回に達し、北沢俊美防衛相は26日、テレビ会議システムで洋上の現地部隊指揮官を激励した。

 北沢防衛相は、「日本の海外での貢献が高く評価され誇りに思っています」と、画面に映った指揮官の中畑康樹1等海佐を激励。中畑1佐は護衛艦から「こちらは毎日30度近い暑さです」などと近況を伝えた。

 海賊対策は昨年3月、自衛隊法の海上警備行動に基づいて開始。7月からは海賊対処法に基づき活動している。護衛回数は今月24日に100回に到達し、護衛隻数は計562隻となった。

「マンション投資より儲かる」携帯電話充電器マルチ商法(産経新聞)
小沢問題「もっと怒りを」社民地方組織突き上げ(読売新聞)
政治資金監査、新制度で“商機” 税理士ら殺到でも「リスク」は…(産経新聞)
社民党大会閉幕、国対委長と政審会長人事先送り(読売新聞)
寝坊で対局不戦敗、将棋・郷田九段に罰金50万(読売新聞)
posted by カマクラ ヨウイチ at 11:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。