2010年03月29日

阿久根市議会、竹原市長の問責決議を可決(読売新聞)

 鹿児島県阿久根市議会は26日、本会議を開き、市議会への出席を拒否している竹原信一市長(51)に対する問責決議を賛成多数で可決した。

 竹原市長の問責決議は、障害者の出生を否定するような文章をブログに掲載したことに対する昨年12月の決議以来、2回目。

 問責決議案は、議長を除く反市長派11人全員の連名で緊急提案。賛成11、反対4で可決した。

 決議では、竹原市長の度重なる議会欠席を「憲法、法律を無視し、議会制民主主義を否定。市政を私物化して独裁的に行うもの」とした上で、市長に対し「厳しくその責任を問う」としている。

 一方、竹原市長が提案した総額約102億円の一般会計当初予算案については、市長の公約だった小中学校給食費の半額補助事業費など約9500万円を減額する修正予算を賛成多数で可決した。

 竹原市長は、2月22日の市議会開会日に総額約102億円の一般会計当初予算案を提案したが、その後、「マスコミが議場にいる」として総括質疑や予算特別委員会への出席要請に応じず、予算特別委では8部署の課長らに答弁拒否を指示。執行部側が予算案の詳しい説明を拒む異例の事態となった。

社民党、同意人事案に賛成の方針決める(産経新聞)
<築地移転>民主、予算修正案を26日提出…用地購入費削除(毎日新聞)
<LDH賠償訴訟>旧経営陣らと和解成立(毎日新聞)
足利事件再審で菅家さんに無罪判決…宇都宮地裁(読売新聞)
22年度予算が参院本会議で可決成立(産経新聞)
posted by カマクラ ヨウイチ at 15:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。